アクセス

学校紹介

数学科の学習でめざすもの

数学科の学習でめざすもの

数学科の学習でめざすもの

本質を理解して、真の学力を獲得する

数学科では、教員7名で中学と高校の両方の授業を担当し、中高6年間、さらに大学での学びをも見通した長期的な視野にたって、真の数学の力がつき活用できるように、日々の授業を構成しています。授業を通して数学に対する興味関心を深めるとともに、数学の本質を獲得し、数学を豊かにすることをめざしています。

本校では、受験にとらわれた、いわゆる「先取り学習」は行っていません。先取り学習で数学の真の力がつくとは考えていないからです。内容の本質を理解することが重要で、パターン学習に終始してはならないと考えています。

中学数学の内容には、代数(数量分野)と幾何(図形分野)があります。代数では、文字を活用することで数や式にこめられた構造・概念を体感し、「数学の世界」が無限に広げられることを学びます。幾何では、作図する作業を行ったり模型を作ったりしながら、図形の中にひそむ性質を発見していきます。また、「証明」という他者を説得する論証手法も学びます。そこでは、生徒が自分の考えを発表することを特に大切にしています。このことは、高校になってから学ぶ高度な学習に対する基礎・基本となります。単に数学的な知識や技術を得ることだけでなく、自分の頭で考え、それを相手にわかるよう表現することが大切です。

入学当初は、答えが合っていればよい、答えが早く出せればよい、という結果主義・効率主義が見受けられます。しかし、学習で大切なことは、理解し納得し、さらに他者に自分の考えを正確に伝えられるようになることです。そうすることで、結果主義・効率主義から脱却し、ある事柄が成り立つわけを自ら考え、さらにこんなこともいえるのではないかと発展させることができようになり、真の学力を獲得していくのです。

そこで我々は、興味・関心・知的好奇心が旺盛な生徒を求めています。知識の量だけで優劣がつくようなことがないよう、入試問題も配慮して工夫しているつもりです。入学者諸君が本校の授業で豊かな発想を出し合い、ともに学びあえることを楽しみにしています。マンガやゲームの世界よりはるかにおもしろい、心から感動できる世界と出会いましよう。

中1の授業内容から

素因数分解を学習し、自然数の性質や倍数判定法について考えながら、文字の活用や証明の仕方を体得します。素因数分解で指数(2×2×2を2³と表すこと)を学習すると、21.5や、00のことが話題になります。これらはどんな数と考えればよいでしょうか?00に関連して、右のようなグラフをパソコンで描いてくる生徒もいます。

倍数判定法では、ある数が7の倍数であるかどうかは、各位の数の3つごとのグループについて考えれば良いことなどを発見します。どうして、これで判定できるのでしょうか?

中1の授業内容から