奨学金情報
アクセス

お知らせ

学校のようす

感染症学習会「感染症専門医の頭の中を覗いてみよう」を開催しました。

7月16日(土)に感染症専門医である大阪大学の忽那賢志氏と国立病院機構東埼玉病院の塚田邦久氏による感染症学習会を行いました。両先生には生徒から事前に集めた新型コロナウイルス感染症等の疑問・質問に一つ一つ丁寧に答えていただきました。フェイク・ニュースなどに惑わされない、科学的根拠や専門的知識を正しく受け止め「考える力」を身につける良い機会となりました。忽那先生、塚田先生、有難うございました。

【生徒の感想(一部紹介)】

◆感染症対策やオミクロン株などの変異種の最近の傾向について、データを用いながらとても分かりやすい説明をしてくださり新たな視点や考え方を学ぶことができました。その中で特に印象に残ったのは「努力に見合った成果」「感染対策のメリハリ」というキーワードです。先生方のお話を聞いたことで科学的根拠に基づいた効果のある感染対策をしっかり行うべきだと感じ、「手洗いは石鹸を使ってしっかりやろう」「屋外で一人でいる時は熱中症対策のためマスクを外そう」などの考えを強い意志で持つことができました。今後もメリハリのある感染対策を行い、三密を避けながら失われた青春を取り戻していきたいと思います。

◆日本で今も続いている過度なコロナ対策は、もう既に緩める時期になっていることに共感できました。むやみやたらに過度なコロナ対策をせず、コロナリスクと行事から得られる思い出の重さを天秤にかけるべきだと思いました。

このカテゴリーの他のお知らせ

2022年11月11日 更新
脱穀をしました。
2022年10月31日 更新
文化祭を実施しました。
2022年10月25日 更新
テーマ学習「保健体育:スポーツ科学入門」の講義を聞きました