奨学金情報
アクセス

お知らせ

学校のようす

課題研究 日本大学医学部訪問

令和4年7月11日、課題研究(保健体育)を選択した高校2年生の生徒が、日本大学医学部、機能形態学系、生体構造医学分野の平井宗一先生の研究室を訪問しました。今回の高大連携による研究室訪問は、68期OBである瀬田大智氏(日本大学医学部3年生)がきっかけとなり実現されました。

プログラムは4部から構成され、医学教育(解剖学)と医学研究に関する講義や実習が行われました(1.比較解剖学とは、2.顕微鏡を使った筋の比較、3.医学部生活・研究について、4.移植臓器保存研究および手術手技の体験)。瀬田氏からも、後輩たちに向けての講演をして頂きました。参加した生徒は、積極的に、興味をもってプログラムに取り組んでいました。

今回の訪問により、大学医学部の雰囲気を感じることが出来たと同時に、高校ではなかなかできない体験を通して、研究について新たな視点をもつことが出来ました。ご指導頂いた、日本大学医学部、機能形態学系生体構造医学分野の平井宗一先生や講座の先生方に感謝申し上げます。

生徒たちの感想を以下に記します。

“他の動物と人間を比較してその差異から人間についての理解を深めるという活動は面白いと感じた。動物が用途に合わせて進化していったことが骨格から明らかに示されるとわかった。”

“基本的に世の中の評価や判断は何かを基準にして行われていると思った。研究する時は、何か明確な基準を設けて比較することが大事だと思う。”

 

 

このカテゴリーの他のお知らせ

2022年11月11日 更新
脱穀をしました。
2022年10月31日 更新
文化祭を実施しました。
2022年10月25日 更新
テーマ学習「保健体育:スポーツ科学入門」の講義を聞きました