奨学金情報
アクセス

お知らせ

学校のようす

図書スペースの蔵書点検を実施(2020)

7月28日(火)より、図書メディア委員会は本校図書スペース(学校図書館)の「蔵書点検」に取り組んでいます。
蔵書点検とは、お店の「棚卸し」にあたる作業で、排架(はいか)の乱れを整え、不明本の確認を行うものです。本校では年に一度、夏季休暇中に実施しています。

例年との違いは、一回の作業人数を少なくし、作業時間も短くした点です。作業人数を少なくすることで委員の間の物理的な距離を保ちました。この記事に掲載した写真と昨年度の様子とを見比べていただければ、作業中の委員間の距離の違いにお気づきいただけます。また作業時間を短縮することでマスク着用による負荷に対応しました。作業を効率化するために、ハンディターミナル(バーコードリーダー)のレンタル台数も大幅に増やしました。

初日は、図書メディア委員の内、中学2年生6名と高校1年生5名、高校2年生1名が参加しました。司書の加藤先生・菅先生のご指導の下、蔵書に一冊ずつハンディターミナルを当て所在確認を行いました。順調に作業が進み、80分程度(休憩を含む)で約2万冊の蔵書の内9892冊まで確認が進みました。

蔵書点検は、明後日・7月30日(木)まで続く予定です。

このカテゴリーの他のお知らせ

2020年9月19日 更新
中学 入学式が行われました
2020年9月19日 更新
高校 入学式が行われました
2020年9月19日 更新
教育実習が終了しました。