奨学金情報
アクセス

お知らせ

オンライン学習支援

中2道徳(ともにいきる~障害科学~)

中学2年生では6月30日(火)にGoogle Meetのオンライン上で学年全体(123名)と高校3年生2名による道徳を実施しました。内容については高校2年生で行っている課題研究(ともにいきる~障害科学~)を取り扱い、先輩から後輩に繋ぐ研究発表の場となりました。ファシリテーターは課題研究の担当者でもある養護教諭が行い、司会・進行は学年担任団が行いました。


オンライン上とは言え、先輩がフィールドワークを行い、実際に見聞きした内容を直に伝えることは受講生にとって貴重な経験になります。また、筑駒生が学年の枠を越えて、やり取りすることは、先輩にとっても後輩にとっても更なる発見に繋がります。画面共有や資料作成は高校3年生に全て任せました。高校3年生の先輩方は自分たちも忙しい中、後輩たちのためにと準備を進めてくれました。オンラインでの授業、学活が進む中、筑駒生同士が意見を交わすことで、学びを深めていくのだと実感しました。

≪生徒の意見・感想≫
・障害の中でも、医療によって改善できるものと、社会全体を変えなければいけないことがあるということがわかりました。その中で、僕は社会が変わらなければいけないことの方が多いのではないかと思います。そのために、まずはどのような人がいて、どのような手助けをすれば、より良い生活を送ることができるのかを学ぶ必要があると思いました。そして、社会全体の意識を変えていくことができれば、みんなが幸せに暮らすことができると思いました。今回の講演は、とても勉強になりました。先輩や、先生方に感謝したいです。
・障害者とのかかわり方、特徴、障害の定義についてありがたい話を聞く事が出来たうえ、同期の生徒たちと有意義な議論を交わす事が出来た。このような企画は出来れば是非とももう一度開催して欲しい。

このカテゴリーの他のお知らせ

2020年7月29日 更新
高校1年「情報の科学」同期型オンライン授業(実習形式)のご紹介
2020年7月27日 更新
高2進路懇談会をオンラインで実施しました
2020年7月27日 更新
中学3年技術科(生物育成の技術:オンライン特別講義)