奨学金情報
アクセス

お知らせ

オンライン学習支援

中学3年技術科(生物育成の技術:オンライン特別講義)

中学3年生の技術科の授業では同期型オンライン授業で「生物育成の技術」を行ってきました。
内容については駒場をフィールドにする水田、サツマイモ畑の作業環境を中心とした、土壌、水の利用、光、肥料に関する講義を進めてきました。
今学期は残念ながら農作業の実習はできませんでしたが、土壌調査、土壌酸度の矯正、温室の自動潅水システム、水田の灌漑用水・水位調整など、実学的な内容を扱ってきました。実習ができない分、生徒は想像力を働かせて授業に参加していました。全3回にわたるMicrosoft PowerPointの音声吹込み動画教材の配信と全11回にわたるGoogle Meetによるオンラインでのやり取りではありましたが、本校生徒が備えるべき教養について、学習を進めることができたと考えています(※Googelドキュメントによるレポート課題も設けました)。

 7月17日(金)には今学期のまとめとして、アルファイノベーション株式会社の代表取締役である山田浩太さんをゲストとしてオンライン上にお招きし、学年123名を対象とした特別講義の時間を設けました。
主として農業施設、農業経営(※全てネギの大規模栽培に関連するもの)に軸を置いてお話しいただきました。
授業で扱っている内容は農業の基礎的・理論的な内容であるのに対して、山田さんのご講義は生産現場における合理的な農業経営の話が中心です。
また、筑駒で行っている農場の規模は水田で1反7畝、畑で150坪程度のものですが、アルファイノベーション株式会社で扱っている畑の大きさは、この50倍から100倍程度のものになります。
栽培規模が大きくなる場合、生物育成においてどのような視点が必要となり、どのような技術的な考え方が求められているかについて学びました。

 

このカテゴリーの他のお知らせ

2021年3月23日 更新
高校2年生が法学者と対話をしました
2020年9月28日 更新
オンライン特別講座「救急医療の現場における 新型コロナウイルス感染症」が開催されました。
2020年8月29日 更新
中学高校剣道部は稽古の様子を、部の保護者向けにライブ配信しております。