プレゼンテーション能力の向上に関するワークショップ

2016年7月9日(土)実施
講師: Mr. Gary Vierheller、Ms. Sachiyo Vierheller (有限会社インスパイア 代表、副代表)
参加: 中学3年・高校1年 約20名

内容: 
サイエンス・コミュニケーション・スペシャリストとして活躍中のVierheller夫妻を招き、英語での効果的なプレゼンテーション・スキルを学ぶワークショップを1学期期末試験後に開催した。“Learn to Present”と題された本講座には主に中3・高1の生徒約20名が参加し、グループごとの発表活動に取り組んだ。指導の中心は聴衆を引き付けるためのさまざまなスキル、具体的にはスピーチの声の強弱、イントネーション、アイコンタクト、身振りなどについてであった。異なる学年から成る各グループはまず協力して原稿を作り、発表をしながらその都度Vierheller夫妻に指導して頂いた。異なる学年での交わりや話し方に関するアドバイスなど、普段の授業ではなかなか経験できない取り組みであると言える。なお、3学期には昨年同様、中1・中2を対象とした「ビギナーズ用ワークショップ」も開催予定である。

20160709-ssh-english-1

プレゼンテーション・レクチャー1

20160709-ssh-english-2

プレゼンテーション・レクチャー2

ワークシュップの様子3

グループ発表1

ワークシュップの様子4

グループ発表2